温める性質を持つ光線とは|現代人は肥満体になりやすい|体質改善して健康体になろう

現代人は肥満体になりやすい|体質改善して健康体になろう

温める性質を持つ光線とは

手

血流や冷えを改善する

遠赤外線を用いた健康器具が注目されていますが、その理由は温め効果により血行不良と冷え症の改善に役立つといわれているからです。遠赤外線は赤外線の一種ですが、赤外線と呼ばれる光線とは性質が異なります。人間の生活の中で遠赤外線は身近な存在で、健康器具の他に暖房器具にも用いられています。具体的な例では、こたつなどが遠赤外線を使った暖房器具になります。遠赤外線による温めは皮膚表面だけになりますが、体内にも温めは伝わります。皮膚表面に当たる光線により温かくなった血流は体中を巡るので、表面だけでなく体内が温かくなる感じも得ることができます。女性にとって冷えは大敵ですが、男性よりも冷え症が多いことが現実としてあります。物を温める性質から血流改善と冷え症改善に役立つ遠赤外線は、冷えに悩む方におすすめな存在なのです。

治療時にある注意点を知る

遠赤外線は治療にも用いられていますが、治療時の注意点に水分補給・熱がある時は避ける・飲酒は避ける・薬剤投与の時間を考えるなどが記されています。温め効果により体の水分が蒸発しやすく汗をかきやすくなるため、脱水を予防するために水分補給は大切です。目安としては、治療前に1杯から2杯の水を飲むと良いです。熱がある時は、温めることが逆効果になる可能性があります。風邪やウイルスによる熱の他に捻挫・打撲・打ち身など温めないほうが良い負傷時も遠赤外線を避け、火傷をした時も期間をみる必要があります。飲酒はどのような治療時も禁止ですが、薬剤投与は遠赤外線と重なると効果が早く現れる可能性があるようです。そのため、治療の30分前や治療後30分の時間に投与は避けたほうが良いとされます。このような注意は治療として用いる場合にいわれますが、家で遠赤外線の暖房器具を使う時も注意が必要です。特にこたつなどに入っている時は、水分補給を忘れずに行うと良いです。