日本人の国民病|現代人は肥満体になりやすい|体質改善して健康体になろう

現代人は肥満体になりやすい|体質改善して健康体になろう

日本人の国民病

肩凝り

同じ姿勢を続けない

肩こりの原因として挙げられることは長時間の同じ姿勢での行動や、眼精疲労やストレス、また運動不足があります。とくに肩こりになりやすい行動としてパソコン作業があげられます。同じ姿勢を長時間続けることや眼精疲労などは、当てはまっています。またパソコン作業をする姿勢も肩こりを起こしやすいです。解消方法として作業中は同じ姿勢を続けないように気を付けることが重要です。軽いストレッチをすることや、立ち上がって屈伸をするなど、全身の血流を一度動かすことで解消されます。眼精疲労に関しましては少しの間、目を閉じてやすませることや、目の周りのマッサージも効果的です。また日常的に運動を取り入れることも肩こりの効果的な解消方法となります。

ストレッチが効果的

肩こりを解消する方法として肩甲骨をストレッチする方法があります。猫背の方や背中の中心部分に、こりを感じる方などは肩甲骨が硬くなっており、その結果、肩こりになっている場合があります。肩甲骨のストレッチの方法は様々あり、腕を動かす方法やテニスボールなどを使用した方法があります。これらの運動により、肩甲骨が柔軟になってくると周りの血流が良くなることや、呼吸を深くできるようになり、肩こりが解消されていきます。肩こりの原因には頚椎症や頸椎の椎間板ヘルニアなどの可能性もあります。この場合はストレッチなどをしても肩こりは解消されません。適切な処置をしなければ、悪化し肩こり以上のひどい状態になるかもしれません。おかしいと感じた時は、病院で診察してもらうことも大切です。